フレアラビットについて

フレアラビットについて

「ホームページをつくって新規顧客を獲得したい」
「検索されやすいホームページにしたい」
「顧客の生の声をネットで収集したい」

でも、業者に制作を頼むと費用がかかりそう。
煩雑なことをすべて任せて、しかも安い費用で開設できないものか・・・

そんなお客様のご希望にお応えするため、サーバーの準備からサイトの制作更新までをトータルで承ることにより、リーズナブルな料金でご提供できる、Web制作のお店を開設しました。

納品後のメンテナンスも安心してお任せいただける、料金とサポート体制を整えております。本当に必要なものを、必要なとき、必要なぶんだけご利用ください。
月々の固定費もかかりません。

お客様に「仕事を依頼して良かった」と実感していただけよう、心を込めて制作いたします。

開発環境

使用マシン
Macintosh OSX
SONY VAIO(動作確認用)
Wacom ペンタブレット
クラウドサーバ
NASサーバ(データバックアップ用)
主なアプリケーション
MySQL + PHP
jQuery
Photoshop
Flash
Fireworks
Illustrator
国家資格
行政書士
図書館司書
宅地建物取引士
国内旅行業務取扱管理者
第一種情報処理技術者
第1級アマチュア無線技士
2級色彩コーディネーター

サイト名の由来

フレア(某RPGの火属性魔法 )+ ラビット = フレアラビット
炎の兎です。月うさぎ伝説にも因んで名前をつけました。

月うさぎ伝説にも諸説ありますが、1番ポピュラーな要約バージョンをご紹介しましょう。
『昔、あるところにウサギとキツネとサルがおりました。ある日、疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会い、3匹は老人のために食べ物を集めます。サルは木の実を、キツネは魚をとってきましたが、ウサギは一生懸命頑張っても、何も持ってくることができませんでした。そこで悩んだウサギは、「私を食べてください」といって火の中にとびこみ、自分の身を老人に捧げたのです。実は、その老人とは、3匹の行いを試そうとした帝釈天(タイシャクテン)という神様。帝釈天は、そんなウサギを哀れみ、月の中に甦らせて、皆の手本にしたのです。』
これは、仏教説話からきているお話です。